就労移行支援事業所のアクセスジョブ > ブログ > 【川崎】パニック障がいの「働く訓練」について
ブログ
川崎

【川崎】パニック障がいの「働く訓練」について

2023.12.16

皆さんこんにちは、アクセスジョブ川崎です。このブログでは、パニック障害を抱える人々が職場で成功を収めるために有効な訓練について解説します。

 

有効な訓練というと、いくつも様々に存在しますが、今回取り上げるのは、自己理解、ストレス管理、そしてサポートシステムの見つけ方の3つです。今回のブログではこれら3つを解説します。

 

 

有効な訓練その1「自己理解」

 

パニック障害を抱える人々が雇用に成功するための第一歩は、自己理解です。パニック障がいの症状・特徴はいくつかあります。

 

1. 突然のパニック発作: パニック障害の最も顕著な特徴は、予期せずに突然起こるパニック発作です。これは、強い恐怖や不安感も同時に起こることが多いです。

 

2. 身体的症状: 発作中には、動悸、息切れ、冷汗、震え、胸の痛みなどの身体的症状が現れます。

 

3. パニック発作の不安: パニック障害を持つ人々は、再びパニック発作が起こるのではないかという恐怖を感じることがあります。これは、日常生活を制限するほどになることもあります。

 

4. 行動の変化:パニック発作を避けるため、特定の場所や状況を避けるようになることがあります。これは、社会的な隔離や生活範囲の狭まりを引き起こすことがあります。

 

このようにパニック障害の特性はいくつか挙げられますが、その中でも、自分の特性・症状はどこに当てはまるか理解し、それがどのように自分の仕事や日常生活に影響を及ぼすかを認識することが重要です。

そうして認識することを通して、社会に出る際の戦略を立てることが出来ます。

 

 

有効な訓練その2「ストレス管理」

 

次に、有効な訓練としてはストレス管理が重要です。パニック障害の原因にはストレスが関わる場合もあるため、ストレスを適切に管理する能力は必須となっています。

 

皆さんはストレス管理として行っている物はどんなことでしょうか、リラクゼーションテクニック、マインドフルネス、ストレス管理にはいくつかあるため、自分に合う適切な休息の取り方や、健康状態を維持するためにも栄養の習慣を学ぶことが重要です。

 

 

有効な訓練その3「サポートシステムを見つける」

 

最後に、サポートシステムを見つけることも重要な訓練と言えます。周囲の人に自分の状況を理解してもらい、必要なときに援助を求めることができる環境を作る、こういったことが出れば、たとえ症状が悪化した際にも、適切に対処することが可能になります。

 

 

まとめ

 

パニック障害を抱える人々が職場で成功するためには、自己理解、ストレス管理、そしてサポートシステムを見つけるといった3つの訓練が有効です。これらの訓練を通じて、自分自身を理解し、ストレスを管理し、必要なときに援助を求める環境を作ることができます。

 

またアクセスジョブ川崎では、上記の3つのサポートを行っております。

「自己理解からやってみたい」「サポートシステムの見つけ方が知りたい」そういった方はいつでもお問い合わせください。