就労移行支援事業所のアクセスジョブ > ブログ > 【アクセスジョブ静岡】12月のレクリエーション①カタカナーシ
ブログ
静岡

【アクセスジョブ静岡】12月のレクリエーション①カタカナーシ

2023.12.12

みなさんこんにちは!アクセスジョブ静岡です。

12/8にアクセスジョブ静岡ではレクリエーション・グループワークとして「カタカナーシ」を行いました。

カタカナーシの公式HP
https://www.gentosha-edu.co.jp/book/b450309.html

これはカタカナ語のお題をカタカナ使用禁止のルールの中でお題の言葉を相手に伝えるゲームです。

例えば「パソコン」というお題だったら、「仕事に使う電子機器で……持ち歩けるものとそうでないものがあって……」のようにカタカナを使わずに説明をします。

今回は三つのグループに分かれてレクリエーションを行いました。

やってみて難しいと感じた利用者さんには支援員がサポートに入りましたが、何度かゲームを行っていくうちに自分自身で考えた言葉で説明をする事が出来るようになっていました。

また、説明だけではなく、他の利用者さんの言葉を聞いて答えを考える事も皆さん楽しみながら行っていました!

「相手に伝えること」そして「相手の言いたい事を理解すること」、そのどちらも今後仕事をしていく上でとても重要なスキルになりますよね。

就労を考えた時に多くの方は「資格」「パソコンスキル」「手先の器用さ」などを重視する方がとても多いのですが、それらのスキルを発揮するためには職場できちんとコミュニケーションが取れていないと始まりません。

レクリエーションやグループワークは内容によっては遊んでいるだけに見える事もあるかもしれません。

ですがこれも大切なコミュニケーションの訓練の一つです。

カタカナが使用できないという制限がある中で、自分の考えていることを相手に伝えることはやってみると案外難しい事に気が付くと思います。

皆さんは普段、他者と会話をする機会はどれくらいありますか?

中には家族と支援員以外とはあまりコミュニケーションを取る機会が少ないという方もいらっしゃるかと思います。

その場合、コミュニケーションの練習はどのようにして行うのがいいでしょうか?

これから就職をしていく中で、職場にどのような方がいるかはわかりません。

障害者雇用で働くのであれば、自分と同様の障がい、または知らない障がいを持っている方と一緒に働く事もあるでしょう。中には、どうしても皆さんの障がいについて理解を示していただけない方もいるかもしれません。

その時に、家族や支援員のような貴方自身のことを理解している人としかコミュニケーションの練習が出来ていないのであれば、職場の方と上手く付き合っていけるのか不安になってしまうことでしょう。

せっかくアクセスジョブ静岡という同じ事業所に通っているのですから、みんなで協力をしてこれからに向けてのトレーニングが出来れば素敵ですね。

もちろんアクセスジョブ静岡は一人一人のペースに合わせての支援をご提供しておりますので、グループワークよりも一人でトレーニングを重ねたいという方のご要望にもお応えしております。

自分は一人黙々と作業を行う仕事に就きたいからグループワークは必要ないかな……という方は離れたお席でご自身の訓練を進めていく事も可能ですので、ご相談くださいね。

◇◆◇◆◇◆◇

静岡市内の多機能事業所「アクセスジョブ静岡」は毎月第2、第3水曜日が見学日♪
自立・生活訓練、就労移行支援、就労定着支援を行っております♪

他の曜日を希望される方はご相談くださいね♪

☎054-271-3990

見学申し込みはお問合せフォームよりお気軽にどうぞ!

◇◆◇◆◇◆◇