就労移行支援事業所のアクセスジョブ > ブログ > 【川崎】障がい相談支援~計画相談編~
ブログ
川崎

【川崎】障がい相談支援~計画相談編~

2023.12.22

 

川崎では、障がい者支援を行うために、様々なプログラムやサービスが存在します。

今回はそんな川崎における障がい者支援の中でも「計画相談」に絞って、相談の流れや実際にどのような事を話し合い、何を決めていくかについて解説します。

 

また、これらのサービスや流れについては変更される可能性があるため、実際に利用される際はネットの情報のみならず、最新の情報を入手するために、実際に福祉事務所や関連機関に直接問い合わせることが重要であることを念頭に入れていただけると幸いです。

 

では最初に、計画相談は障害者支援のどの位置づけになるかについて解説します。

 

 

 

障害者支援と計画相談

 

障害者支援は、障がいや難病をお持ちの方を対象とした福祉サービスに関する相談や支援等を提供しています。

そして、この福祉サービスの相談や支援を行うときに中核的なサポートを行うのが計画相談です。

 

こうした計画相談を担当している事業所は、障がい当時者やそのご家族に必要な情報や、実際にサービスを利用するために必要な手続きが取れるよう支援しています。

ここから先は、実際にどのような支援を行っているかについて具体的に解説します。

 

 

 

計画相談の流れ

 

 

川崎市において、計画相談支援については、主に川崎市社会福祉協議会や福祉事務所を通じて提供されています。

最初に、計画相談の流れやどのようなサポートを受けることが出来るかについて触れていきます。

 

まず、計画相談についてですが、これは【障がい者がその人らしい生活を実現するための計画】を立てることの支援を行っていきます。

その人らしい生活とはすなわち、「自分がどのような生活をおくりたいか」にフォーカスし、その計画を実施するためには、日々の活動は何を行うか、どのような機関と連携を取っていくのか、そういったことを決めるサポートを行うサービスとなります。

ここから先は、計画相談の流れに沿って1つずつ観て行きます。

 

 

  • 計画の作成

障がい者やその家族と共に、生活や支援に関する計画を作成します。計画を立てる際は、当事者との1対1での面談を行う場合や、他の関係機関と一緒に3人で面談する場合等、いくつかのパターンがあります。

また、面談の際に話すこととしては、以下のことを行っていきます。

 

 

  • 評価とニーズの確認

最初に、計画を立てる利用者の現状や個々のニーズを確認します。

これには利用者からの聞き取りを通して、医療的な観点や日常生活での課題など、多面的な部分でニーズの確認が行われています。

そうして本人や関係者との面談を通じて、利用者の目標や希望等を把握します。

 

 

  • 目標の設定

ニーズや本人の課題等を把握出来たら、それらの結果を基に利用者とそこに関わる関係者があつまり支援の目標を設定します。

これは数カ月などの短期的な目標から数年かかる長期的な目標まで、本人が達成したいことや改善したい点等、具体的な目標を示していきます。

 

 

  • 支援プランの作成

目標が設定されたら、それを達成するために必要となる具体的な計画や支援プランを作成していきます。

これには必要な支援サービスや各プロフェッショナルの協力、家族や友人のサポート、計画に応じた教育や訓練などが含まれています。

 

 

  • 関係者の協力と連携

障がい者支援計画は本人だけでなく、家族や友人、専門家と地域の支援機関など、多くの協力と連携が重要です。

こうして多くの協力を得ることは、多角的な視点で支援プランを考えられるというのみならず、どこか一つの機関が抜けたとしても、今後継続的な支援を行うことができるようになるため、より包括的な支援が実現しやすくなります。

 

 

  • 評価と更新

実際に支援計画が実施していく中では、支援の有効性や必要性等を確認し、必要に応じて計画を調整・更新していくことが重要です。

日々を過ごしていく中で新しいニーズが浮かび上がった場合や目標の進捗が遅れた場合には、計画を柔軟に変更していくことが重要となっています。

 

 

  • 生活のサポート

作成した支援計画に基づき、その人らしい生活が送れるよう、日常生活で様々なニーズに応じて支援が提供されます。

具体的な支援内容はそれぞれの状況によっても変わってきますが、住居や仕事、交通手段、コミュニケーション支援など、多岐に渡って様々な支援が含まれています。

 

 

以上のように、計画相談では【その人らしい生活】を叶えるために、ニーズの聞き取りや、それを達成するための課題解決の流れを軸に、多くの機関が協力して達成されます。

そのため、計画相談を利用することで自分一人では諦めてしまうかもしれない目標や、それを達成するための機関を知ることや把握することが可能になります。

 

 

 

終わりに

 

ここまで計画相談について観ていきましたが、私たちアクセスジョブ川崎は計画作成の中でも就職に関する支援に対して大きく関わっております。

 

皆さんの中に「事務職を目指してみたいけどパソコン操作に自身がない」「働きたい気持ちは大きくあるけど、自信がない」等、就職したいという目標をお持ちの方は、アクセスジョブ川崎に相談してみると、そこから外部機関と連携を取った支援を行うことが可能です。

 

少しでも気になる方は、是非お気軽にしたの問い合わせボタンからお問い合わせください。

 

 

 

 

参考:川崎市障がい福祉サービス