就労移行支援事業所のアクセスジョブ > ブログ > アクセスジョブ四ツ橋ってどんなところ?
ブログ
四ツ橋

アクセスジョブ四ツ橋ってどんなところ?

2024.05.16

こんにちは、Uです。

 今日は「アクセスジョブ四ツ橋ってどんなところ?」をテーマにブログを書こうと思います。

 まず、アクセスジョブは四ツ橋に限らず、一人一人1時間ごとのプログラムを決められる「個別プログラム」が売りです。年齢、障がい、特性、得手不得手、職歴有無、希望する職種や就職先…皆さんバラバラですので、十把一絡げではなく、オーダーメイドで対応させて頂きます。
支援学校を卒業したばかりの利用者さんが必要な支援と、社会経験がある方の利用者さんが求めている支援は違うかもしれないし、それって当然ですよね。

 四ツ橋では現在、利用者さんの利用方法も様々です。毎日朝から通所する方もいらっしゃいますし、お昼から来る方、体調次第によって通所か在宅か選ぶ方、決まった曜日だけ通所する方、遠方に住んでいて基本は在宅利用の上月一回だけ通所する方もいます。
プログラムも様々で、資格取得の勉強を中心にしている方、毎時間違うプログラムを行う方、就活を中心にしている方もいます。自分の特性を理解し、問題解決能力を身につけて長く働けることが最終的なゴールですが、それまでに至るステップや現状は人によって違いますので、一人一人に合わせて提案します。
 Uも利用者として入所しましたが、それまではずっと「仕事の締切を守る」ことが出来ませんでした。社会経験があるにも関わらず、です。それが数か月の訓練を経て出来るようになった時、担当の支援員は手を叩いて喜んでくれました。もういい大人を相手に、普通は出来て当たり前のことに対してです。とても嬉しかったです。Uはアクセスジョブ四ツ橋に来てから、地に足が着いたように感じています。それはきっと「訓練を受けて出来るようになった」という根拠があるからかなと思っています。
「出来なかったことが出来るようになった」「困っていることを自分で解決できるようになった」
という体験、あなたもしてみませんか?