青森

―――――

写真:外観
写真:内観
写真:内観
写真:内観
写真:内観
写真:教材

特長


障害から個性へ!課題から可能性へ!

あなたの「得意」を見つけます!


① 自分のペースで「働く」を追求!

週1回1コマから通所可能。皆様の不安や悩み、高めたいスキルをじっくりと聞き、その方に合ったプログラムを一緒に考えます。グループワーク、軽作業、ビジネスマナー、自己理解、軽運動など様々なプログラムを通して、働くためのスキルを高めていき、就労のイメージを膨らませましょう。


② 最大4年間在籍可能!じっくりと「自分らしさ」を発見!

昨年11月から多機能型施設となり、生活訓練と就労移行支援、2つのサービスを提供しています。企業の見学や体験をどんどん行い、出来る限り早く就労を目指したい方は就労移行支援、今はまだ就労は難しいため、まずは生活リズムを整え自立した生活を目指したい方は生活訓練のサービスをおすすめしています。どちらも2年間通所可能です。就労準備性を見極めながら、サービスの切り替えが出来ます。


③ 国家資格から民間資格まで!「資格取得支援プログラム」で就労意欲のアップ!

全26種の資格を取り揃えており、各種教材を無料&自由に利用可能です。また、中には各種民間試験団体と提携している資格もあり、所定のプログラムを通所学習でこなしていくことで、資格取得を目指すことも出来ます。取得した資格は履歴書に記入し、アピールしましょう。


④ 初心者からでも安心!「e-ラーニング」でパソコンスキルの習得!

インターネットを介して動画を見ながら、実際にパソコンを操作して、少しずつパソコンスキルを高めていきます。パソコン操作入門でマウス操作から学ぶことが出来ますので、パソコンは触ったことがない…という方でも心配無用です。Word・ExcelといったOffice系やillustrator・Photoshopといったデザイン系・プログラミング系など幅広く揃っています。各種コンテンツは初級・中級・上級と分かれているので、確実なステップアップを目指せます。


⑤ 「クラゼミ事務所」を活用した就労体験で就労のイメージを具体的に!

アクセスジョブ青森から離れた場所に仮想事務所として「クラゼミ事務所」を設置。現地にはクラゼミのスタッフが待機しており、上司と見立てて訓練します。スーツを着て出社し、パソコンの事務作業や外部から請け負った作業を通して、自分の課題を発見しましょう。退勤前には、アクセスジョブ青森に電話報告をお願いしています。こちらは、就労移行支援の利用者様向けのプログラムです。


⑥ プログラムで学んだことを発揮!工賃支給有りの「施設外就労」!

日頃、ビジネスマナーで学んだことや、自己理解で深めた行動傾向などを明らかにする場として、施設外就労を行っています。実際に企業に出向き、売り場での清掃作業や、裏方での作業などを通して、体力向上、コミュニケーション能力の向上を目指します。施設外就労に参加した利用者様には、回数に応じて工賃が支給されます。こちらは、就労移行支援の利用者様向けのプログラムです。



就労移行支援とは
就職までの流れ

イベント告知


─ 準備中 ─


SNS

動画


─ 準備中 ─


利用者の声

アクセスジョブの就労移行を通じて就職された方の声をまとめました。

入所から就職まで、アクセスジョブの就労移行を体験した生の声をご覧ください。

イラスト:利用者様のイメージ
・10代
・男性
・知的障害
・週5日
・1日6時間利用

ご両親が見せてくれた県内の就労移行支援事業所案内マップがきっかけで、アクセスジョブ青森の存在を知り、見学に来られました。第一印象は、『スタッフが優しそうだなぁ』だったそうで、しっかり挨拶もでき終始ニコニコされていました。その後、体験を経て通所することに。学校と同じようなものと思っていたそうで、当初から不安や緊張なくリラックスした様子でした。はじめは苦手だった自己紹介や正しい言葉遣いもすぐにマスター。とても素直な方で吸収力も高く、どんどん成長されました。

通い始めて何か変化はありましたか?

ご自身で感じたという一番の大きな変化は、ビジネスマナーが身についたこと。慣れない敬語が特に難しかったようですが、根気強く教えるスタッフの気持ちに応えるかのように素直に受け入れてどんどん覚えていきました。挨拶やお茶出し、電話対応といった社会人としての基本も、ビジネスマナーのプログラムに積極的に参加して習得されました。グループワークや日常的な雑談にも意欲的に加わり、コミュニケーションの仕方や他人に対する気遣いができるようになりました。苦手だと思い込んでいたという手先を使う作業も、諦めずに取り組むうちに「実はコツを掴むのが早い」という自分でも気づかなかった長所に気づくことができたそうです。どんな苦手なことも時間と回数を重ね、ご自身のものにされるなど、目覚ましく成長されています。


イラスト:利用者様のイメージ
・10代
・男性
・発達障害
・週5日
・1日6時間利用

高校の担任の先生の紹介で、どなたでも参加OKのイベントに来られました。担任の先生から「楽しいところだよ。自分に合った課題で就労に結びつける場所だよ」と聞いてこられたそうで、ワクワクしたご様子でした。実際の印象も「明るい雰囲気で、楽しそうなところだな」と思われたとのこと。他の就労移行支援事業所の体験にも参加したものの、最終的にアクセスジョブ青森への通所を決められました。決め手はグループワークやeラーニングに力を入れている点と、スタッフが優しかった点だったそうです。コミュニケーション能力とパソコン・スキルをアップさせたいという目標を掲げて、今も頑張っています。ご自身の体調の波に向き合いながら、日ごとに進捗の大小はありつつもじっくりと自分のできることを着実に増やしています。

まず、パソコン・スキルがアップしたことです!例えばタイピングでは、コツコツとタイピング練習を続けて、通所前に比べて同じ時間内で100文字以上も多く打てるようになりました。合わせて集中を持続する力も身につきました。もうひとつの大きな変化は、メモを取るようになったこと。通所前はメモ帳を持ち歩く習慣がなかったそうですが、プログラムでメモの取り方を学んだことで、メモを取ることの大切さを痛感したそうで、今ではメモ帳を持ち歩き、話の中で重要だと思ったことはメモを取る習慣がついたそうです。そして、なにより挨拶です!以前より明るく、はきはきとしたものになりました。その場にあった声の大きさを意識されている姿などとても頼もしく感じます。

スタッフメッセージ

写真:駒井 純基


駒井 純基

精神保健福祉士として精神科(医療分野)に長年携わり、患者さんや利用者さんに寄り添う支援を心がけてきました。皆さん抱えてらっしゃる悩みや病状は異なります

今もさまざまなケースや障害、疾病を勉強しながら日々皆さんと心と心で関わっています。一般就職を希望するあなた!ぜひ私達にお手伝いをさせてください。

写真:斎藤 翔


斎藤 翔

皆さん一人ひとりの目線に立ち、共に歩むことを大切にしようと、日々利用者さんに接しています。趣味はランニング。指導者の資格も持っています。なりたい自分になってやりたいことをやるには体力が大事です!皆さんを体力面でもサポートしていきたいと思います。一緒に就職を目指しましょう!

お問い合わせ


〒030-0843 青森県青森市浜田2丁目13−15

定員(1日あたり)
就労移行14名、生活訓練6名
利用時間
月曜 〜 金曜(9:00~15:00)
※月に1回程度土曜日開校あり。


TEL.017-718-2271

FAX.017-718-2271

お問い合わせ
写真:内観
写真:外観